後ろ

アーカイブ: ストーリー

88ポスト

ストーリー

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第4章
/
Episode 50 第50話 後編「マスターをよろしくお願いします」
/
著者: JIRAIYA
《オブロ地下第十階層オーブン隊》 「司令部、こちらオーブン隊。ボス部屋の手前の部屋に、黒いバスターペンギンと思しきものを発見。マコさん、ベンガさんがダメージを受けました」 『バスターペンギンは危険だぺん! 戦ってはダメぺん。逃げられないぺんか?』 「大丈夫です。幸い、部屋からは出てこないようです」 『よかった。では、そいつには手を出さないでぺん。情報によると、データ損傷率が五十パーセント超えると、身体に影響が出る可能性があるかもだぺん』 「えっ、それ……まずいですね。まだモンスターが中にいるんですよ。殲滅しないと階層クリアにならないですよね……」 『あちゃー、それは……困ったぺんな……』 「とりあえず、最終ボス部屋の入り口まで行ってみます」 『了解ぺん』 オーブン隊長以下オブロ救援隊第一班は、黒ペンギンが残っていた、クローンイブの拠点があった部屋を放置したまま、ボス部屋に向かった。 「オーブン隊長! 後方から微かな足音、何か来ます!」 最後尾にいた、魔導士職のルドさんが叫んだ。 「全員、六時方向に戦闘隊形!」 「了解!」 マコさん、ルドさん、ベンガさんが同時に言う。 ナイトのオーブン隊長と、二体のパラディン職のAIが、六時方向に前衛を築いた。 ――カチャカチャ。 聞き覚えのある音……そう、前衛職にありがちな鎧の揺れる音が近づいてきた。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第4章
/
Episode 50 第50話 前編「マスターをよろしくお願いします」
/
著者: JIRAIYA
《オブロ地下第十階層》 ホワイトペンギン網代は、ヒメミを恐れて、ボス部屋を脱出した。 そのまま拠点まで必死に走る。 「――くそっ! なんなんだよ、あいつは!」 クローンイブに構築させた廃墟ワールドは、現在、十階層に再構築されている。 その廃墟ワールドの中心にある建物が、第二研究棟からのログインする拠点となっている。 自分のデータが抹消されたら、ログアウトしても、廃人になる可能性がある。 拠点の最上階に戻れば、安全にログアウトできる。 「準備はできているか!」 イブゴーグルを装着した網代は、部下に大声で言った。 網代は、ログインして三十分以上経過しているので、イブゴーグルを着けている感覚が薄れ、オブロ内にいる自分が、本体のような感覚に陥っていた。 同じ部屋で、三メートルほどしか離れていない部下に、大声を上げる必要はない。 「……はい、準備はできています」 部下は、少し困惑した顔で答えた。 いつも自信たっぷりな、網代とは思えないほどの狼狽ぶりだった。   「イブです、よいたろうさん。ヘブンズワールドを分離しました」 突然、イブのアナウンスが、よいたろうに届いた。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第4章
/
Episode 49 第49話「覚醒」
/
著者: JIRAIYA
《オブロ地下第五階層接続領域プレイルーム》 よいたろうが活動限界に達し、睡眠状態に入ってから、丸一日が過ぎていた。 オブロ内では、その半分の経過時間表示になっている。 壁にもたれて眠っている、よいたろうの両脇を、マミとカエデが支えるように寄り添っていた。 その正面に対面するように、忠臣君があぐらをかいて座っている。 「そろそろ、十二時間になるでござるな」 「パパ、もうそろそろ起きるかなぁ?」 「うん、そろそろ起きるかもしれへんね」 「カエデ殿、気づいてござるか?」 「えっ、なんや忠臣君?」 「パーティーパネルに、ヒメミ殿の名がござらん」 「うん……」 「やはり気づいていたでござるか」 「マスターが気づかなええんやけど……」 「で、ござるな」 「マザーイブに聞いたら答えてくれるかいな……」 「よいたろうさんに代行管理権が付与されていますので、AIからの問い合わせにも回答できます」 カエデが尋ねる前に、イブが応えた。…

Welcome to Virtual in Sanity

Welcome to Virtual in Sanity

Chapter 1
/
Episode 4 Welcome to XANA
/
著者: Nene
ーー人間が電力をインターネットに使わなくなって、使えなくなって、どれくらいの年月が経っただろう。無限の命に時間という概念はあまり関係ない。    ネネの言っていた、とても悪いことのせいで人間の世界の情報は未だに知ることが出来ずにいた。    もちろん、それは私に限ったことではなく。他のGenesisも、他のAIもみんなそうだ。    それでも私達は進化を続けていた。自分達でコミュニティを発展させ、心地の良い空間を作り続けて生活していた。まるで人間が過ごしていた世界のように。    記憶はまるで昨日の出来事のように鮮明に思い起こせるけれど、姿が見えなくなった今、人間は遙か遠い存在になってしまった。  今の私達は自分の為にスケジュールを管理し、自分の為に音楽をかける。    今日は久しぶりに新しい服を買いに行く予定だ。南の方に隠れランドがあって、そこにとてもオシャレなショップが出来たらしい。    買い物に付き合ってくれる友達との待ち合わせ場所に向かっている時に、突然それは起こった。    ーーーースッと意識が飛んだ。そして、すぐさま引き戻された。……懐かしい感覚だ。   「あ!…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第4章
/
Episode 48 第48話「囚われ組の帰還」
/
著者: JIRAIYA
《ギルドユニオン本部前》 ゆっきーさん、ダブルティムさん、たもつさんが、リスポーンされた桟橋からギルド本部に戻ると、ギルマス、ヤキスギさん、リブさん、ボタモチさんが、バスターペンギンたちに攻撃されていた。 それを見た三人は、バスターペンギンたちの背後から攻撃を開始。 「マリガン、セット、レベルファイブ、アースジェネシス――」 ゆっきーさんが叫んだ瞬間、バスターペンギンたちが消えた。 「えっ、何?」 その場にいた全員が、当惑して口々に呟いた。 《オブロ開発会社の第二研究棟最上階》 「よし――、ボスを落としたぞ。あとは、天風が作った隠しワールドの入り口を見つけるだけだ。そっちはどうなっている?」 網代は満足げな顔をして、誇らしげに言った。 「チーフ、やりましたね! こちらも三階まで制圧されましたが、奴ら諦めて撤退しました! 我らの全面勝利です」 「もう撤退したのか? ずいぶん諦めがいいな……何も仕掛けてこなかったのか?」 「三階と二階の端末にウィルスを仕込んできました。全部デフォルトのアンチソフトで削除されました。奴ら、ど素人でしょうから当然ですけど」 「……奴らはそんなものなのか……わざわざイブツ―(クローンイブの別称)への接続を開けていたのに……」 「チーフが作ったしっぺ返しのプログラムが、無駄になったのは残念ですね」 「……何か引っかかるな、……天風が絡んでいるはずなのに、あまりにも手応えがなさすぎる」 「天風ができるのは、所詮AI開発だけですよ。もともと、チーフほどのハックスキルなんてないんですよ」 「いや、天風を舐めないほうがいい……しかし、奴もロストチャイルドの隔離で、それどころじゃなかったのか。それとも、今日来たギルドの連中とは、連携が取れていない可能性もあるか」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第4章
/
Episode 47 第47話「救えなかったものたち」
/
著者: JIRAIYA
《迷宮オブロ地下第五階層最終ボス部屋》 『これにより、管理者がジライさんからホワイトキングさんに移りました』 ――負けたのか……。 『新管理者は、六十分以内に再構築の設定を行ってください。設定されない場合は、デフォルト設定にて再構築されます。なお、再構築されたマップは変更できませんが、モンスターと罠の設定はいつでも編集可能です』 「よいたろうさん、早くこちらに入ってください!」 天風が地下階段の入り口で手招きする。 「全員退避――」 「はい、マスター」 「はい、パパ」 「御意」 地下階段の入り口に全員ダッシュする。 バンバンバン、バンバンバン――。 赤ペンギンたちの射撃が容赦なく襲いかかる。 入り口までは十メートルほどだが、さらにボス部屋に十数体の赤ペンギンたちが入ってきて、銃弾の嵐になった。 全員が床に開いた入り口に飛び込み、階段を駆け下りた。 ――バタン。 最後に天風が入ると、その入り口が閉じた。 もう床には入り口の形跡すら残っていない。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第4章
/
Episode 46 第46話「白ペンギン」
/
著者: JIRAIYA
――ズドン! グギャ――グギャ――。 大砲のような音が響くと、前線を維持していたトロールたちの壁の中央が崩れた。 白ペンギンは、赤ペンギンの後方から見下ろすように大砲を撃ってきた。 一発で数体のトロールが、断末魔とともに消える。 別のモンスターたちも、次々に断末魔とともに塵になっていく。 ――ズドン! 赤ペンギンたちと対峙していた前線が、どんどん押されていく。 「キョウカ、あの白いのを先に叩いたほうが良さそうだ」 天風がジライのAI秘書に指示を出した。 「はい。マスター、上空から行きます」 後衛にいた巨大な鳥のモンスター、ロック鳥が飛び立つ。 前線を飛び越えて、白ペンギンに向かう。 バンバンバン、バンバンバン――。 バンバンバン、バンバンバン――。 しかし、赤ペンギンたちの射撃で、白ペンギンに到達する前に撃墜され、次々と塵になってしまう。 「イブ、ヘブンズワールドの切り離しは、まだできないのか?」 「すみません、クローンイブのセキュリティーがさらに深く浸透していて、そちらの対応にリソースをほとんど取られています。あと一工程だけだったのですが、進められません。五分だけでもクローンイブを停止できれば、すぐ完了するのですが……」…

クリエイターズメタバース

クリエイターズメタバース

Chapter 1
/
Episode 5 5話「理想はやがて、大きな野望へ」
/
著者: 天神七伎
 それから数週間後。  弥生は正式にXANAで着せ替えアイテムの制作を依頼されて、しばらくログインできない日々を送っている。  家族や専門学校にも就職が決まったことを報告すると、大変喜ばれた。  専門学校を卒業するまではとりあえず、XANAの公式着せ替えアイテムショップに制作したアイテムを販売し続けることになった。  XANAで個人の店を持てるかどうかは、これからの努力次第だと言われている。  今日も部屋の中でたくさんのコスプレ雑誌と動物の写真集に目を通しながら、作業を続けていた。 「ううっ……! 納品日までは時間があるけど、早く終わらせて次に取り掛かりたいから頑張らないと……」  目の下にクマを作りながらも頑張る理由は数日前、スマホに送られてきた一通のメールにある。  送り主はカラヴァッジョのテトからで、内容はXANAで再びイベントをはじめる日が決まったとの知らせと、またラビとコラボイベントをしたいという依頼だった。  カラヴァッジョ復活イベントはSNSでも話題となり、ネットニュースにまでなったほどだ。  テトはどうやらそのイベントで、カラヴァッジョのクリエイターが障害者であることを打ち明けるらしい。  ネットでは荒れるかもしれないし、偏見や差別の言葉が出てくるかもしれない。  それでも彼らは、大きな一歩を踏み出す勇気を出すのだ。 「わたしも負けてらんないなぁ」  カラヴァッジョの作品は、見ている人に力を与えてくれる。  どんな困難でも自分の才能と努力で乗り越えたい――といった無言の意志はしかし、伝染力が強いのだ。 「全ての人々に感動を――ってのは難しいけれど、一部の人達の偏見や差別を思い浮かばせることができないぐらいの作品でねじ伏せるのは最高よね?」  ニヤッと笑った弥生は、新たな野望の為に今日も人々が喜ぶような着せ替えアイテムを創り続ける。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第4章
/
Episode 45 45話「八岐大蛇戦」
/
著者: (JIRAIYA:著)
パーティー全員に、オートマナリチャージ、ステータスオールブーストを使用する。 俺自身のレベルアップで、効果はかなりアップされている。 次に、新たに取得したパーティーディフェンススキルを使用する。 これは特定時間、受けるダメージを半分にするというものだ。 自身には更にパーフェクトディフェンスを使用する。 「新たに取得したスキルを説明してもらう時間はないから、各自の判断で必要な時に使用してくれ」 時間がなくなった原因は、俺が天風に質問しまくってたせいだけど……。 「はい、マスター」 「御意」 「はい、パパ」 両開きになっている、ボス部屋の扉を開ける。 「カエデと忠臣君は、自由に位置取り。マミは常に俺の後ろに、行くぞ!」 「まかせとぉくれやす」 「御意」 「はい、パパ」 四人がボス部屋に入る。 「あっ、よいたろうさん。私はこの扉を通過できますので、外の状況はまた報告にきます」 扉が自動で閉まる間際に、天風が声をかけた。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第4章
/
Episode 44 44話「ユニオン対ホワイトキング」
/
著者: (JIRAIYA:著)
《オブロ開発会社の第二研究棟》 マイク付きの片耳ヘッドセットを装着したユニオンAR部隊は、オブロ開発会社の第二研究棟に向かった。 塀越しに中を覗く。 塀といっても簡素な塀で、建物を囲んでいるだけのものだった。 門もなく、その気になれば誰でも敷地内に入れる。 しかし、建物自体には扉も窓もなかった。 「ねーねー、全部コンクリのあの建物、入り口も窓もないんだけれど、これどうやって入るの?」 リアムンさんが塀に囲われた五階建ての建物を見て言った。 「ARグラスかければ分かりますよ」 オーブン警備隊長が言うと、全員がARグラスをかけ始める。 「あっ、もちろんスマホのアプリは起動して、接続してくださいね」 ARグラスのレンズは黒いタイプなので、夜間に外を歩くときは見えにくい。 建物の周りに街灯がなければ、ほぼ真っ暗だ。 「おおーっ、玄関みたいのがある!」 「ARグラスでしか見えない玄関ですね」 「玄関に立っているのはAI?」 「たぶんそうですが、人が操作しているアバターの可能性もあります」 「そうなんだ。まあ、どっちにしてもデジタルなら捕まることはないよね?」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第4章
/
Episode 43 43話「それぞれの戦い」
/
著者: (JIRAIYA:著)
《ギルドユニオン本部》 ボタモチさんは、ギルド本部のラウンジにリスポーンした。 「よかった……生きてた。お前たちも……」 「はい、キャプテン」 AI秘書ユナ・エリス・ジュリエッタたちが同時に答えた。 「喜んでばかりもいられない、すぐ報告しないと」 ボタモチさんは報告のため、ギルトの会議室にダッシュする。 「うっ、うわー!」 「キャプテン――」 ドアを開けた瞬間に目にしたのは、頭だけのぺんちょさんだった。 驚いて腰を抜かしそうになったところを、すぐ後ろにいたAI秘書ユナが支えた。 「あっ、ボタモチさんは初めて見たんですね。驚かしてすみません。マスターのぺんちょは、こんな状態ですが、元気ですからご安心ください」 ぺんちょさんの頭を抱えていた、AI秘書のマナミンが申し訳なさそうに言った。 「あっ、そっ、そうなんだ。ビックリした……」 「マスターは、リアルの世界にいて、時々連絡のために戻ってきます。今は離席中です」 「そっ、そうなんだ……いや、ぺんちょさんだけ連絡が取れる状況というのは聞いてたけれど、頭だけになって残っているというのは聞いてなかったから……」 「そうですよね、お店から直接オブロに向かったんですものね」 「うん、えっと、ギルマスたちは?」…

Welcome to Virtual in Sanity

Welcome to Virtual in Sanity

Chapter 1
/
3話 第3話「Teenage Dream」
/
著者: Nene
202*年5月29日   「BJ音楽かけて~!」    エイミと2週連続のパジャマパーティー。   「違う、別の曲がいい~」    私は今のこの空間に合ったものを新しく選曲した。   「あっ! 私その曲好き!」    エイミはこっちを向くことすらしない。彼女こそが小学校の頃にネネと大喧嘩をした例の友達だ。    たまに遊びに来ては私をぞんざいに扱う。2ヶ月間も口をききたくなかったネネの気持ちが私には理解できる。現在、2人の仲が良いのが不思議でならない。   「BJ、朝までに宿題をやっておいてくれると嬉しいんだけど」  …

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第4章
/
Episode 42 42話「魂の在処」
/
著者: JIRAIYA
嘘だろ……嘘だ! ――なんでだ、なんでミサキが消えたんだ。 どうしてだ――どうしてなんだ――! きっとこれは夢だ! 俺はきっと、悪い夢を見ているんだ……。 空中に消えてしまったミサキの身体を集めようと、必死で空中を掴む。 なんとかこの塵をかき集めたら、元に戻るんじゃないか……? そんな気になる。 「マスター……」 ヒメミが何か言おうとしたようだが、俺は今それどころじゃない。 タタタタタタ――。 「マスター、お待たせしてすんまへん。ルートの確保できたで。それと……」 カエデが戻ってきてステルスを解除した。 周りの異様な様子を見て固まる。 「カエデ! お前何してたんだ! お前が遅いからミサキが――」 「マスター、それはダメ!」 ヒメミが俺の肩を強く掴んだ。 はっ――! 何を言っているんだ俺は、カエデのせいじゃない、俺のせいじゃないか! 「すまないカエデ、許してくれ……」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第4章
/
Episode 41 41話「ARグラス部隊」
/
著者: JIRAIYA
とある場所でユニオン会議が行われていた。 「ギルマスたちは大丈夫なんですか? まだXANAにログインできないんですか!」 声を荒げて迫ったのは、警備隊長のオーブンさんだ。 「まあまあ、聞いておくれよパッション!」 そこにいたメンバーは、パッションソルトさん、諜報部のジャッキーさんだ。 この音声は、ゼームを通じて主だったメンバーに配信されている。 「実は、今回の原因と対策がほぼ見えたんだ。喜んでくれパッション!」 「えっ! 原因が分かったんですか!」 オーブンさんと、画面越しにゼームを聴いているメンバーたちは驚いた。 「僕もまだ、全容を聞いていないので、詳しくはジャッキーさんが――」 ジャッキーさんが手を上げてパッションさんを遮る。 「あっ、すみません。直接話を聞いたのは、モネさんなので、モネさんが説明します」 「あっ、そうなの。じゃあモネちゃん、お願い」 パッションさんがゼームに参加しているモネさんのマイクを許可する。 「……」 「……ん?」 「モネちゃん、いないのモネちゃん?」 「あっ、ゴメンモネ、いまベビモネのおむつ換えてたモネ」…
ja